ハイブリッド車のススメ

  • [ ハイブリッド車のいろいろな役立つ情報を提供しています。 ] 

ハイブリッド車とガソリン車の燃費比較

くるま

近年、自動車の排出ガスによる環境汚染や、燃料である石油の供給不足、価格の高騰が深刻な問題になっています。2008年にはガソリン暫定税率が引き上げられ、ガソリンの価格はこれまでにない高値となっています。

自動車が移動手段として生活に浸透した近代社会において、ガソリンの価格高騰は企業の経営や家計へ大きく影響しています。このような現状から、車を購入する際に燃費の良さがより重要な要素になってきています。

そこで現在注目を集めているのがハイブリッド車です。ハイブリッド車とは、ハイブリッドに「混合」という意味があるように、一台の車でガソリンと電気を同時に燃料とする車のことをいいます。電気がガソリンを補いながら走行し、ガソリンの消費を抑えます。

実際にハイブリッド車とガソリン車の燃費を比較すると、一般的なガソリン車の燃費はリッター10〜15キロメートル前後が相場であるのに対し、ハイブリッド車のプリウスではリッター29.6キロメートルとなっています。平均すると約2.4倍もハイブリッド車の方が燃費がよく、年間で約6万円のガソリン代が節約できます。

しかし近年ではガソリン車の改善も進み、トヨタでは燃費がリッター30キロを超えるガソリン車が開発され、発売が予定されています。

ハイブリッド車の燃費は、発進や停車を繰り返して走行する場合と、高速度で継続して走行する場合では変動します。

ガソリン車とハイブリッド車の特性を踏まえ、自分の用途に適した車を選ぶことも燃費を最大限抑えるためには重要なことです。